風力発電に変えるメリット|話題の室外工事

風雨から住宅を守るため

業者

早めに専門業者に

住宅を風雨から守るためには、屋根は必要不可欠な存在です。しかし、風雨から守っているからこそ屋根は、その衝撃や湿気などによって傷みが生じやすい場所となっています。屋根が傷んでしまうと、風雨がしっかりとシャットアウトされなくなり、住宅では雨漏りなどのトラブルが発生します。トラブルが発生した場合には、専門業者に早めに連絡し、屋根修理を依頼するという人がほとんどです。なぜなら傷みが少ないうちに屋根修理を開始した方が、修理範囲も修理費も少なめとなるからです。屋根は、野地板と防水シートと屋根材の三重構造となっています。傷みが少ない場合には、最も上の部分に敷いてある屋根材の一部を交換したり、防水コーキングを施したりするだけで済むのです。

葺き替えと重ね葺き

屋根材に手を加えるだけではトラブルを解消できないという場合には、屋根材をはがした上での、防水シートの交換がおこなわれます。しかし、交換が必要となるほど防水シートが傷んでいる場合には、その下の野地板も傷んでいる可能性があります。その場合には、屋根材と防水シートと野地板全てを新しいものにする屋根修理が必要となります。この屋根修理は、屋根の葺き替えあるいは重ね葺きと呼ばれる方法でおこなわれています。葺き替えとは、屋根を丸ごとはずして新調する工事のことです。それに対して重ね葺きとは、既存の屋根の上に新しい屋根を取りつけるという工事です。ガルバリウム鋼板といった軽量な屋根材が使われるため、重みによる住宅の負担が少なく、古い屋根を撤去する費用が発生しないため、工期は短めに、費用は安めになるのです。